ページ

2010年5月31日月曜日

4代目タイトル背景

再びタイトルの背景写真を変えました。 やっぱり自宅ベランダから撮った写真です。

窓の外を見た瞬間、背景に使おうと決めました。
あんまり黎明って感じじゃないですけど、なんかこう、凄かったのでw

撮ったのは何ヶ月か前なんですが、
せっかく訪問者数が5,000人突破したので、記念に変えてみました。
1日平均5~10人の訪問者で5,000人とは、地道にでも続けてみるもんですね。

空って見てて飽きないですよね。

2代目









3代目










キリ番、ちゃんと撮っておきましたよ~♪



この金魚水槽風カウンター、個人的に好みなんですよw

2010年5月28日金曜日

1999 BLACK LIST [本家極悪集大成盤] / 聖飢魔II


正統派メタル~ポップス


解散前後に出された3枚のBEST盤の1枚。通称:「銀盤」。(他は金と銅)
聖飢魔II入門に持って来いの教典(=アルバム)です。
初期の曲から後期の曲まで、聖飢魔IIの魅力を余すところなく楽しめます!

メタルバンドですが、ポップスもありメタル初心者でも十分に聴ける教典。
聖飢魔IIには、悪魔のイメージだけで決め付けるにはあまりに勿体無い、
明るい歌詞・メロディの曲も多いんです。(5~7曲目とか)

初期曲はアレンジを加えて再録され、よりテクニカルで格好良くなりました。
ギターソロは格段にレベルが上がり、精密かつ高速なギターを堪能できます♪
特に1曲目は頭にコーラスが追加され、イントロだけで壮絶に格好良い。
それと、4曲目の前語りは絶対に必聴です(笑

初期の教典はあまり音質が良くないので、高音質になったところも魅力。
音がはっきりして、ヘヴィさも向上しました。ベースまではっきり聞こえます。
初期と解散期では閣下の声もだいぶ変わったので、もう別の曲と捉えても良いかも。

1曲目「1999 SECRET OBJECT」、最終曲「EL.DORADO」は、
ツインギターの魅力を大きく引き出したメロディになっていて、 作曲センスの高さが窺えます。

(当時)結成15年の貫録を感じられる、文句無しの教典。


▼トラックリスト (緑=お気に入り)
1. 1999 SECRET OBJECT
2. 聖飢魔IIミサ曲第II番「創世記」
3. 地獄の皇太子
4. 蝋人形の館’99
5. MASQUERADE
6. 真昼の月~MOON AT MID DAY
7. サクラちってサクラ咲いて
8. 敗れざる者たち
9. BRAND NEW SONG
10. SAVE YOUR SOUL~美しきクリシェに背をむけて
11. HOLY BLOOD~闘いの血統
12. FIRE AFTER FIRE
13. 悪魔組曲作品666番変ニ短調~序曲 心の叫び
14. 同第1楽章 STORMY NIGHT
15. 同第2楽章 悪魔の穴
16. 同第3楽章 KILL THE KING GHIDRAH
17. 同第4楽章 DEAD SYMPHONY
18. 嵐の予感
19. EL.DORADO
 

2010年5月16日日曜日

あにめ

今期アニメは面白いのが多くて良いですねー。

地上波で毎週楽しみにしてるのは
荒川、RAINBOW、さらい屋五葉、四畳半、デュラララ、ワンピースあたり。
今ワンピース相当面白くなってますよね。

荒川で爆笑して、五葉の超絶的映像美としっとりした大人の雰囲気に心酔し、
ワンピースでジャンプ系の神髄に触れ、四畳半の独特な世界観に浸り、
デュラララの展開を毎週楽しみにしつつ、“熱い男”分もRAINBOWで大量摂取。
最高過ぎる。

もちろんクズ以下な萌えアニメは一つも見てません。
今期は面白いアニメばっかなので、
見ない以前にこれ以上見る時間がありません
5月の終わりからCSでとある洋ドラを見る予定なので、
その時間も空けておきたいですし。

まあ薄桜鬼はキャラアニメと言えなくも無いですが、
男性が見てる場合は特に問題無いかと。

ところで今期、妙に昔が舞台の話を多く見てる気がする。
まず新撰組の話が2つもある時点で特殊なんだけどwww

五葉⇒江戸時代
薄桜鬼⇒江戸時代
[BS]PEACE MAKER鐵⇒江戸時代
ナイトレイド⇒昭和
RAINBOW⇒戦後

こんな感じ。いかにも現代なデュラララが無いとやっていけないです。

1クールアニメはだいたい今で半分ですよね。今後も楽しみたいです♪

2010年5月13日木曜日

Meteora / Linkin Park 2nd


オルタナティブ・ロック、ラップ・ロック、ミクスチャー


Linkin Park(以下LP)の2ndアルバム。
1st「Hybrid Theory」ほどへヴィじゃないですが、その分聴きやすくなったかも。
へヴィメタルよりロックに近づいた印象。

楽曲の雰囲気は基本1stと一緒。シャウトも健在です♪
でも1stのような不良っぽさ、威圧感は少し引き、明るい曲が増えました。
相変わらず歌詞は暗いらしいですが(笑
要所要所で入るDJが、LPらしい独自性の強い音楽を作ってます。

曲の配列もよく、1曲目からすんなり最後まで聴けます。
このアルバム、全体の流れがものすごく整ってるんですよ。
曲の終わりが次の曲とつながってたりして。

そして曲のバランスも良い。
1stには無かった比較的テンポの速い曲もあり、
尺八を使った「Nobody's Listening」など特殊な曲も増えて
バリーエーションがぐっと増しました。
特に「Breaking The Habit」は1stには無かった独特な雰囲気の曲で、
個人的にかなり好きです。
でも1番のお勧めはやっぱり最後の「Numb」。イントロだけで泣けます!

メタル・ロック好きじゃなくても、普通に勧められる作品です♪


▼トラックリスト (緑=お気に入り)
1. Foreword
2. Don't Stay
3. Somewhere I Belong
4. Lying From You
5. Hit The Floor
6. Easier To Run
7. Faint
8. Figure.09
9. Breaking The Habit
10. From The Inside
11. Nobody's Listening
12. Session
13. Numb

2010年5月2日日曜日

宣言通りCDレビューしてみたよ

手始めに大御所Linkin Parkを。
いきなりデスメタルやるのはちょっと気がひけたのでw

どうでしょうか。

Hybrid Theory / Linkin Park 1st


オルタナティブ・メタル、ニューメタル、ラップメタル、ミクスチャー


Linkin Park(以下LP)の1stアルバム。
LPでは次作「Meteora」の次に好きな作品♪  ・・・って3枚しか無いですけど(汗

全体の整合性はMeteoraの方が上ですが、ヘヴィさではLP史上最高。
最初の4曲から低音攻めを決めてくれます。
特に4曲目の「Points Of Authority」は、低音強めのヘッドホンで聞くと
びっくりするのでご注意。静かに入って低音が一気に来ますw

しかしヘヴィ曲に交じって、イントロのピアノが特徴的な「In The End」など
良質ラップバラードも収録。
最後は静かな曲が多いので通して聴いても疲れません。

1stは、不良っぽいというか、「聴く者を威圧する」感じのメロディの曲が多いですね。
そこにシャウトと低音ギターが入れば尚更。
逆に、聴いてると自分が強くなったような気がしますw
高速ではないので“激しい”訳じゃないですが、十分のれる曲満載。

ラップメタルとはいえ、ラップを聴かない人にもLPは大人気ですね。
ラップが好きな方にはJAY-Zとのコラボ盤もおススメです♪


▼トラックリスト (緑=お気に入り)
1. Papercut
2. One Step Closer
3. With You
4. Points of Authority
5. Crawling
6. Runaway
7. By Myself
8. In the End
9. Place for My Head
10. Forgotten
11. Cure for the Itch
12. Pushing Me Away
13. My December
14. High Voltage