ページ

2010年6月13日日曜日

Fiction / Dark Tranquillity 8th


メロディックデスメタル


スウェディッシュメロデス重鎮バンド、Dark Tranquillity(以下DT)。
DT入門に持って来いのアルバムです。
偶然出会ったアーティストなんですが、素晴らしいの一言に尽きます!

デスメタルとは思えない哀愁メロディとピアノキーボード
「静」と「激」の対比が美しい。「静」でほぼピアノonlyになる曲もある程。
俺の持ってたデスメタルのイメージを大きく広げてくれました。

特に、10曲目「The Mundane and The Magic」のイントロは衝撃を受けました。
メロデスとはいえ、デスメタルであんな綺麗なイントロを聴けるとは。
8曲目「Misery's Crown」の、ピアノで静かにフェイドアウトしていくトコも感動です。

ですが、“デスメタル”と言うにはちょっと物足りないと感じるかも。
そういう方には前作「Character」、前々作「Damage Done」がオススメ。
同じ路線をもっとメタルらしい音で聴けます。

今までの集大成的アルバムとのことで、
ミドルテンポの曲からブラストビート系まで多様な曲を収録。
曲調に幅があるので、飽きずに最後まで聴けます。

音質は、今までのアルバムと比べ、格段にピアノが聴き取りやすくなりました。
音が綺麗に分離しています。 冬に聞きたくなるような、しっとりした涼しげな印象。
DTの音楽を引き立てる音です。

まだ聴いていませんが、次作9thもこの方向性の延長線らしいので、
そちらもいずれ聴く予定です^^


▼トラックリスト(緑=お気に入り)
1. Nothing To No One
2. The Lesser Faith
3. Terminus (Where Death Is Most Alive)
4. Blind At Heart
5. Icipher
6. Inside The Particle Storm
7. Empty Me
8. Misery's Crown
9. Focus Shift
10. The Mundane And The Magic
11.A Closer End
 

0 件のコメント:

コメントを投稿