ページ

2010年7月4日日曜日

Angelus Exuro pro Eternus 業火の使徒 / Dark Funeral 5th

ファストブラックメタル


スウェーデンの重鎮ブラックメタルバンド、Dark Funeral。
俺がブラックメタルを聴くきっかけになったアーティストです。

超高速ブラスト、ブリザードのようなギターで 「地獄の業火」に例えられる音楽は今まで通り。
相変わらず寒々しいメロディの曲がそろってますwww

相変わらずと言っても前作とは色々変化していて、
遅めの曲が増え、ギターソロが入り、 カリギュラ(Vo)の発声がかなり高音になりました。

それと、ドラマーのマッテが解雇され、本作からドミネイター氏が加入。
マッテほどのブラストはありませんが、ツーバスのスピードはマッテ以上。
スピードに関しては問題なし^^

しかし、少々ドラムの音が軽くなった印象を受けました。
ツーバスの音に重みがないので、ヘヴィさが失われた気がします。
ドラマーよりエフェクトの問題でしょうか。

楽曲は、全体的にメロディアスになりました。
1曲目は人類の終焉の曲なんですが、メロディがかなり邪悪。
地平線まで炎に包まれた世界が目に浮かびます。
サビでのツインギターはシンフォニックにすら感じました。
8曲目「In My Dreams」では、珍しく叙情的メロディが聴けます。

ですがメロディアスになった分、 前作「復讐の賛歌」のような暴虐性は殺がれてしまいました。
聴きやすい(?)のかも知れませんが、Dark Funeralは暴虐的な方が好きです。
とはいえ、「前より減った」というだけで「暴虐的でない」と言えば大ウソになりますがwww


▼トラックリスト (緑=お気に入り)
1. The End Of Human Race
2. The Birth Of The Vampiir
3. Stigmata
4. My Funeral
5. Angelus Exuro Pro Eternus/業火の使徒
6. Demons Of Five
7. Declaration Of Hate
8. In My Dreams
9. My Latex Queen
10. Goddess Of Sodomy [live]
11. 666 Voices Inside/宿る獣鬼 [live]

0 件のコメント:

コメントを投稿